FBネタ速報| Facebook

フェイスブックで多く いいね!されておられる記事、よくシェアされている記事を簡単に見れるようにした親切なブログです。フェイスブック以外での話題のネタも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学科の同級生(女)が就活の説明会で激怒した理由がこちら!

faaa8522.jpg




内容は下記で



























































ツイッターでの反応

この会話、「自己分析」という単語が両者で共有されていない。担当者は、「プロフィールを考えて書けばいい」くらいの感じで、「もっと適当にして良いです」と言っている。
哲学女はたぶん、アートマンとかの話をしている。必ずしもスピではなく。

哲学女性ってどんな会話するのか気になるまん

いや、この学生、哲学科として出来が悪すぎるよね。「自己」というものの自己言及性、再帰性をこんなにぞんざいに扱っちゃ落第です。

分析する自己と分析される自己が分かれていることを理解したうえで自己分析することでさらに深い自己分析が出来るんじゃないだろうか

こんな感じの事思ったわ(笑)
自己分析って絶対に「自分はこうあってほしい」願望も混じるから完全な分析はできないやろう、と。

相手の意図を汲めない段階で終了な気が。哲学の授業じゃないんだからw

自己分析で分析されるのは正確に自己ではない!他人として自己を評価してそれを自分で相手にいいように伝わるようまとめて伝えるのだ!自己分析は自社の商品をどれだけ理解し、欠点を補い、利点を伝えて相手に買わせるかだとエロい人が言ってた!

自己分析は正解を探すんじゃなくて、まさに「自己が分裂」するのが大事。そこに「他者性」があるから。社会にでるってことは、まず否応なく存在する「他者」に気づくこと。

こういう真面目に哲学出来る方は大学院を強くお勧めする
いやホント

生きづらそうな生き様がまさに我々の想像する哲学者のようですね。

こういうのも嫌いじゃない^^;








関連記事


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fbnetasokuhou.blog.fc2.com/tb.php/5292-66ea3005
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。