FBネタ速報| Facebook

フェイスブックで多く いいね!されておられる記事、よくシェアされている記事を簡単に見れるようにした親切なブログです。フェイスブック以外での話題のネタも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民進党・小西ひろゆき「うどん屋で天ぷらを床に落とす。レジで当然のようにこちらの負担にされ脱力」

d7367054.jpg


うどん屋でカボチャの天ぷらを取り損ね、床に落とす。やむなくトレイの隅に載せ、別のカボチャをお皿に載せてレジに。昔のバイト先ではこうした場合はお店の負担だったが、自分の責任だから当然二個分払う意思。レジの定員は全くの無表情のまま淡々と二個分を計上。何か寂しい感じがして少し脱力。。
https://twitter.com/konishihiroyuki/status/830421673400639488




記事の続きは下記で


【京都】 韓国人が救急救命中の救急隊員をフルボッコ その間に患者は死亡

2017y02m13d_153517906.jpg


救護活動中の男性隊員の頭を殴り職務を妨害したとして、京都府警中京署は11日、公務執行妨害の疑いで、韓国籍の男(46)を現行犯逮捕した。同署によると「怒鳴りつけたが、頭を指で押しただけ」などと容疑を一部否認している。

逮捕容疑は11日午後9時35分ごろ、京都市中京区の焼き肉店で、食べ物などをのどに詰まらせ、心肺停止状態だった50代の男性を救護していた男性隊員(42)の頭を「はよしたれや」などと言って、ヘルメットの上から拳で3回殴り、職務を妨害したとしている。

同署によると、男性隊員は119番を受け、ほかの隊員2人とともに出動。男性ののどに詰まった異物を取り除く作業をしていたという。男性は市内の病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

119番の直後に駆けつけた同署員が男性隊員から事情を聴き、男を現行犯逮捕。隊員らによると、男はほかの隊員を蹴ったり、担架の部品を踏みつけるなどもしていたという。当時、男は酒に酔っており、50代男性とは面識はなかった。

http://www.sankei.com/west/news/170212/wst1702120021-n1.html




記事の続きは下記で


【画像】 ジャーナリスト上杉隆さん、ホワイトハウスでテレビ中継の邪魔をし全米に晒される

2017y02m13d_153241871.jpg



500円 @_500yen
日本に恥をかかせる最低なジャーナリストの上杉隆www
ホワイトハウスからテレビ中継してるのを分かっていながら、真後ろから動こうとせずに、挙句にスマホで写真まで撮る始末wwwスタジオのキャスターが完全に上杉隆に怒ってる顔www

https://twitter.com/_500yen/status/830447317580779522



記事の続きは下記で




行きたくない街ランキング 3位福岡 2位大阪 1位はダントツであの街!!

bc0f911b-s.jpg


1: 2017/02/08(水) 16:24:47.00 ID:WgpV+5100 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
名古屋は本当に「行きたくない街」ワースト1なのか? 改めて全国調査したところ... 

観光文化交流局が2016年6月に行った「都市ブランド・イメージ調査」で、「最も行きたくない街」という不名誉な称号を得た名古屋市。 
河村たかし市長もこの話題に触れたことで当時話題となった。 

調査は東京23区と札幌、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡の7市を対象に行われたものだが、全国を対象に調べれば結果が変わるかもしれない。 
そこでJタウン研究所では、「この中で、行きたくない街はどこ?」というテーマで都道府県別にアンケート調査を行った(総得票数1616票、 
2016年9月1日~10月11日)。 

果たして結果は――。 

ダントツの1位は... 

「行きたくない街」の候補地は、札幌、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡の8都市。 

まさかとは思ったものの、「都市ブランド・イメージ調査」の結果通り、票を最も集めたのは712票(44.1%)で名古屋だった。次いで330票(20.4%)の大阪。 
それ以降は福岡、東京、横浜、京都、神戸、札幌の順に続くが大差はみられなかった。 




記事の続きは下記で




「週刊少年ジャンプ」が200万部割れ目前 「コロコロコミック」の堅調さも浮き彫りに

2017y02m09d_220302238.jpg


日本雑誌協会が公表している、印刷証明付き発行部数の最新データ(2016年10~12月分)が公開されました。これを機に、編集部では主要な漫画誌における直近3年間の部数推移を集計。「週刊少年ジャンプ」の部数が1年間で約1割減少するなど、さまざまな事象が確認されました。

漫画誌の発行部数は、対象読者層や週刊・月刊を問わず全般的に減少傾向。近年では特に、約224万部(2016年1~3月)から約201万部(同年10~12月)へと、約1割減少した週刊少年ジャンプが目立ちます。一方、「週刊少年マガジン」と「週刊少年サンデー」の減少率は5~7%程度。数字こそ100万部の大台を割っているものの、下げ幅の面では踏みとどまっているといえます。

少女漫画誌に目を移すと、2016年では「りぼん」が約18万部で安定。「なかよし」は初めて10万部を割り込みました。両誌は2008年時に30万部台で競っていたのですが、現在になって明暗分かれたことになります。

電子版の普及もあり、紙媒体のデータだけでは一概にいえませんが、漫画誌全体の苦境が示されました。とはいえ、児童向け漫画誌「コロコロコミック」は2016年10~12月で約84万部と、2008年時の約88万部とほぼ変わらずおおむね80万部を維持。少子化傾向を考えると、むしろ好調とも考えられます。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/08/news111.html




記事の続きは下記で

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。