FBネタ速報| Facebook

フェイスブックで多く いいね!されておられる記事、よくシェアされている記事を簡単に見れるようにした親切なブログです。フェイスブック以外での話題のネタも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘がお父さんに「生理用ナプキンを買ってきて」と頼んだらこうなった!

69ac0f95.jpg


1人の女性が生涯で経験する「月経の合計時間」は、6年半以上だと言われている。数字にすると、その長さに改めてビックリしてしまうが、
多くの女性にとって「月経」とは長期的につき合っていくものなのだ。

しかし、“生理” や “月経” は学校で習っただけ、という人だっているはず。男性に多いかもしれない。ではそんな人が、
生理用品と関わることになったらどうなるだろうか? 今回は、娘に「生理用品を買ってきて」と頼まれたお父さんを紹介したい。

・生理用品ってどこに売っているの?

この度、ティア・サーヴァさんが、お父さんに「生理用品を買ってくるよう」にお願いしたそうだ。
うんうん、生理中って体調が悪くなったりするから、誰かに買ってきてもらうと助かるよね! 特に身内なら頼みやすい。

けれども、彼女のお父さんは生理用品について全く知識を持っていなかった。どこに売っているかも分からず、
娘に「なに売り場にあるの?」とテキストチャットで質問したのだ。そこから、お父さんの怒濤(どとう)の問いかけが始まることに。
以下、2人のチャットを見てみよう。

父:「どれを買えばいい?」
娘:「Always(オールウェイズ、 “いつもの” という意味)」
父:「え? いつもの何だって?」
娘:「Always っていう商品名なんだって」
父:「そうか」「3.5ポンド(約570円)もするのか?」「しかも Always にもたくさん種類がある!」
娘:「落ち着いて」
父:「他の女のお客さんが、こっちを不審そうに見ている! 早く!!」
娘:「夜用が欲しいの。紫のパッケージで、匂いと羽根つきのをお願い」
父:「羽根つきって、何だ!?」「あと匂いつきって、実際に匂わなきゃいけないのか?」
娘:「パッケージに書いてあるから、大丈夫」
父:「分かった。実際に嗅いだら、変な目で見られるよな」

そうか。「夜用」も「匂いつき」も「羽根つき」も、生理用品を使わない人にとっては、不慣れな言葉だもんね!

http://rocketnews24.com/2016/04/30/742035/



記事の続きは下記で

二度と行くか!と思う飲食店の特徴

2016y05m02d_011533598.jpg



恋人や友達、家族などと楽しいひと時を過ごす“飲食店”。美味しいお酒や料理を食べながらだと会話も弾み、幸せな時間を過ごせるもの。しかし、すべてがすべて良いお店というわけではありません。中には「このお店はもう行きたくない!」と思ってしまったこともあるでしょう。

そこで『VenusTap』では、男女500名に「この飲食店には“もう二度と行きたくない!”という行為・行動は?」というアンケート調査を実施。気になる結果をランキング形式でご紹介します。

■1位:店内にゴキブリがいた(13.2%)
飲食店に必ず求めるものといえば“清潔感”ですよね。食中毒や衛生面などを心配しながら食べたくないもの。しかし、店内で“ゴキブリ”がカサカサと走っているのを見かけてしまったら……。それだけで食欲がそがれるだけでなく、衛生面も不安になってしまいます。それゆえ「あのお店には二度と行きたくない」どころか、「いますぐにお店を出たい!」とさえ思ってしまうもの。ということで、他の回答を抑えて1位に輝きました。

■2位:店員の接客態度が悪い(11.4%)
店員が明らかにヤル気がなかったり、タメ語で喋ってきたりなど、店員の接客態度の悪さは「もう行きたくない」と思ってしまう大きな要因になるようです。

また、店員に関することでTOP5にはランクインしなかったものの、「店員同士がペチャクチャ喋っている」(5.0%)や「呼んでいるのに店員がなかなか来ない」(3.8%)、「まだ食べているのに、さっさとお皿を片付けようとする」(3.4%)などの声も嫌だという声がありました。

店員にイライラされてしまっては、たまの外食でせっかく楽しかった気持ちも台無しに。「もう行きたくないな」と思ってしまうのは当然でしょう。

http://news.infoseek.co.jp/article/venustap_1684047/



記事の続きは下記で



ア ス ペ に 抽 象 的 な 物 言 い は 出 来 ま せ ん

2569a51d-s.jpg


1: バズソーキック(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 13:09:10.66 ID:gOhSNUYP0●.net BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
『発達障害の自分の育て方』(岩本友規/主婦の友社)の著者は、このように、大人になってからいきなり「発達障害」であることを突き付けられた一人。本書によると自閉症、 
ADHD、アスペルガー症候群、学習障害といった発達障害の日本人は、全人口の約6%もいる。本書の著者のように、社会人になってから突然、発達障害の特性に 
苦しめられる人はそれほど稀有ではないのかもしれない。自覚していないだけで、「仕事がたまらなくツライ」と感じている潜在的な発達障害の人もいそうだ。 

 本書の著者は転職すること4回、30歳を過ぎて発達障害(精神障害2級)と診断され、一時は電話番すらできないほどの困難に苦しんだものの、その症状を改善。 
グローバルカンパニーの需要データ分析・プランニング職へ転職し、現在までに二度の個人優秀賞を所属の部署で表彰されるまでになった。その具体的な改善方法が本書で紹介されている。 

 本書によると、「大人になってから気づく発達障害」における最大の問題は、発達障害との付き合い方がわからないために仕事などで過剰にストレスを溜めてしまい、 
体調を悪くしたり、うつ状態に陥ってしまうなどの二次障害を発症してしまうこと。そこで、ストレスをできるだけ溜めずに発達障害とうまく付き合っていく術が必要となってくる。 
本書によれば、その術とは「精神的に自立すること」だ。 

http://news.livedoor.com/article/detail/11456597/




記事の続きは下記で


女子がトイレに行くとき「お花摘みに行ってきます」というのはなぜ? その理由は意外なところに…!

fdd413e2-s.jpg



1: クロスヒールホールド(愛知県【緊急地震:大分県中部M3.9最大震度3】)@\(^o^)/2016/04/17(日) 18:29:57.82 ID:1+iCRh9W0●.net BE:342992884-PLT(13931) ポイント特典
  
【豆知識】女子がトイレに行くとき「お花摘みに行ってきます」というのはなぜ? その理由は意外なところに…! 

「ちょっと、お花を摘みに行ってきます」 

みなさんはこのセリフ、何を意味している言葉かわかる? そう、これは暗喩。本当の意味はなにかというと……「トイレに行ってくる」なのであります。 

おそらく人生で1度くらいは聞いたことがあるであろうこのセリフ、実は元々登山用語なんですって!  
なるほど、だから花という自然界のものを、表現として用いているのね! 

【別に、花じゃなくてもよくない!?】 
しかし記者(私)が考えてみるに、山には草もあれば木もあるし、「ちょっと景色を見てきます」でも問題はないような……?  
トイレという行為を “花を摘む” と表現したその真意は、一体どこにあるのか。あなたも気になるでしょう? 

【花を摘んでいる姿が似ているからなんだって!】 
ウェブサイト「ヤマレコ」によれば、女性がしゃがんで用を足す姿が、花を摘んでいる姿に似ていること。 
そしてこの言葉の響き自体が女性らしいことから、女性が大小問わず用を足すことを「花摘み」と言うようになったそうなんです。 

へええ! 個人的にはなによりも、この表現が女性による行為のみを指す言葉ってことにビックリしたわ!  
“最中の姿” が似ているからという記述を読めば、納得ですけどね。 

【男性の場合はなんて表現するの?】 
では、男性が用を足す場合は、なんと表現するのか?  

ウェブサイト「小田原山岳会」によると、答えは「キジ撃ち」。なんでも “している姿” がキジを撃つときの格好に似ていることが、由縁となっているらしいわよ。 

【機会があれば使ってみよう☆】 
知らなくてもいいけれど、知っているとちょっぴり得した気分になれる、マメ知識。 
そして、もし「お花を摘みに行ってきます」という表現を今初めて知ったというのならば、次回このセリフを聞いたときは察してあげましょうね。 

http://youpouch.com/2016/04/17/349659/



記事の続きは下記で





天災とかで自粛ムードになった場合の対策は大昔からマニュアル化されてたりする

fd925865.jpg



記事の内容は下記で








このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。